LINEモバイルの本人確認に学生証は使える?

LINEモバイルの申し込みには本人確認書類の提出が必須。学生なら学生証を本人確認書類として提出すればいいの?

今回はLINEモバイルの本人確認書類として学生証は使えるのか調べてみました。

 

LINEモバイルの申し込みには本人確認が必須

LINEモバイルの申し込みには本人確認書類の提出が必須になってきます。提出できない場合は、そもそも申し込み自体ができません。

 

本人確認に学生証はつかえない!

学生の方ならだれでも持っている学生証。通学の定期代に学割を使うためには学生証が必要。そのため学生なら学生証含め免許証・保険証などの公的書類のなかで一番利用するカードは学生証といってもいいのではないでしょうか。

ですが、LINEモバイルの本人確認には学生証は使うことができません。なので学生証ではなく、ほかの書類を準備する必要があります。

裏も必要?LINEモバイルの申し込みに免許証を使ってみた

2018年1月30日

 

学生証以外で本人確認に使える書類

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 日本国パスポート+補助書類
  • 在留カード+補助書類
  • 特別永住者証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 健康保険証+補助書類
  • 後期高齢者医療被保険者証+補助書類
  • 届出避難場所証明書
  • 身体障害者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障害者保険福祉手帳
  • 特定疾患医療受給証+補助書類
  • 特定疾患医療登録者証+補助書類
  • マイナンバーカード

本人確認として学生証は使えませんが、上記のように幅広く本人確認としてつかはします。

LINEモバイル公式サイトへ

 

学生におすすめする本人確認書類は免許証or健康保険証

LINEモバイルの本人確認に学生証は使えないのですが、大学生であれば自動車の免許をとり、運転免許証をもっているかたも多いかもしれません。そういった方は免許証を本人確認書類として提出するのが一番簡単です。

また、まだ免許をもっていというのであれば、健康保険証と補助書類が比較的準備しやすいのではないでしょうか。

 

健康保険証と補助書類

健康保険証を本人確認として提出する場合は、補助書類もセットで提出する必要があります。その補助書類と言うのが、住民票または公共料金の領収書(電気・ガス・水道)になります。

 

まとめ

LINEモバイルの申し込みには本人確認書類の提出が必須。しかし、学生証は本人確認書類としては認められていない。

学生であるなら、免許証や健康保険証+補助書類が準備しやすいのではないでしょうか。