【違約金について】LINEモバイルの解約に違約金はかかる?

LINEモバイルの解約には違約金がかかるのか?

今回はLINEモバイルを申し込む前に、違約金についておさえておきましょう。

 

サービスタイプによっては違約金0円も

LINEモバイルの解約に違約金が発生する場合としない場合の2パターンがあります。

それは、申し込みのときに選んだサービスタイプによってかわってきます。

 

LINEモバイルのサービスタイプ

  1. データSIM
  2. データSIM(SMS付き)
  3. 音声通話SIM

 

1.データSIM…データ通信のみができる。SMSと音声通話機能はついていない。

2.データSIM(SMS付き)…データ通信とSMSができる。SMS認証が必要なSNSなどのサービスの登録⋅利用が可能。音声通話機能はついていないため、端末に音声通話のアプリが入っていても利用できない。

3.音声通話SIM…データ通信も音声通話もできる。SMS認証も可能。

参照:LINEモバイル公式サイト

 

違約金がかからないのは、データSIMとデータSIM(SMS付き)

LINEモバイルの解約に違約金がかからないのは、データSIMとデータSIM(SMS付き)。

違約金は0円で、いつ解約しても問題ありません。

 

違約金がかかるのは、音声通話SIMカード

違約金がかかるのが、音声通話SIMカード。

音声通話SIMカードを、利用開始日から起算し、利用開始日の翌月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで(末日を含む)に、サービスの解約又はMNP転出をする場合は解約手数料が発生。

 

解約手数料は、9,800円

違約金として解約手数料9,800円(税抜)がかかります。

 

 

まとめ

LINEモバイルの解約時、違約金が発生するのは音声通話SIMカードの場合のみ

利用開始から、翌月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで(末日を含む)に、サービスの解約又はMNP転出をする場合は解約手数料が発生。

その額、9,800円(税抜)。

 

データSIM・データSIM(SMS付き)には、違約金等発生しない。