裏も必要?LINEモバイルの申し込みに免許証を使ってみた

LINEモバイルの申し込みの際に、必要になる本人確認書類の提出。一般的なのはやはり免許証でしょう。

そこで気になるのが免許証の裏も提出する必要はあるのか?

結論から言うと、LINEモバイルの申し込みには免許証の裏面も必要です!

 

免許証は表裏両面が必要

LINEモバイルの申し込みで免許証を使う場合、表と裏の両面を提出する必要があります。

片方だけだと申し込みが拒否される可能性があるので気をつけて下さい。

 

LINEモバイルの申し込みには本人確認書類の提出が必須

LINEモバイルの申し込みには本人確認書類の提出が必須になります。提出ができない場合にはそもそも申し込みが完了しません。

 

LINEモバイルの本人確認書類は免許証が一番簡単!

申し込みに必ず必要になる本人確認書類ですが、やはり一番準備しやすいのは免許証の提出でしょう。一般的にも本人確認書類としてつかわれる免許証を提出するかたが大半です。

 

免許証の裏も提出する必要がある

免許証の裏も提出する必要があります。

LINEモバイルの申し込みに免許証を使用する場合、免許証の表と裏、両方の写真の提出が必須となりますので要注意。

 

裏面を提出しないとどうなる?

「免許証の表を提出したが、裏を提出し忘れた…」

その場合、申し込みがキャンセルになってしまう場合があります。なので申し込みの際に本人確認書類を免許証にするのであれば、表と裏の両方を提出することを忘れないでください。

 

免許証の裏面を送るときの注意点

注意点は免許証裏の写真を送る場合、臓器提供の欄がシール等で隠れていないとLINEモバイルでは受付されません。裏の写真をとるときは、注意しておきましょう。

LINEモバイル公式サイトへ

※期間限定で基本利用料が2ヶ月間無料ャンペーン中です。

 

その他、免許証を本人確認書類として提出する場合の注意点

免許証・裏の提出意外にも、免許証を本人確認書類として提出する場合の注意点があります。そちらもきちんとおさえておきましょう。

 

  1. 登録/記入いただいた『お客様情報』と『運転免許証』に記載されている氏名・住所・生年月日が一致していること
  2. 『運転免許証』が有効期限内であること
  3. 『運転免許証』の裏面に変更の記載がある場合、公印があること
  4. 『運転免許証』の顔写真が黒ずみ、マスキング等の顔が確認できない場合はNG
  5. 『運転免許証』は日本国政府発行であること(国際免許証不可)

 

提出画像によっては申し込みがキャンセルになる場合もある?

免許証の裏の提出も忘れずにやっていただきたいのですが…ほかにも光の映り込みなどで、免許証に記載されている氏名・住所・生年月日・顔写真の一部が読み取りできず、申し込みがキャンセルとなってしまっているケースが多く発生しているようです

本人確認書類アップロードの際は、免許証の裏面を忘れないことと光の映り込み等がないか確認しアップロードしましょう。こういったミスで申し込みがキャンセルになってしまっては元も子もありませんからね。

LINEモバイル公式サイトへ

※期間限定で基本利用料が2ヶ月間無料ャンペーン中です。