持込み端末でも使える?LINEモバイルの端末保証オプションとは?

格安SIMサービスを利用しようと考えた時、契約方法や注意点を確認したり、格安SIMでスマートフォンやiPhoneを利用するための方法を調べたり、格安SIMを使い始める前にはいろいろと手間がかかります。

これらの手間が格安SIMへの乗り換えを、妨げている理由の一つになっています。そして、これらの手間をクリアしたとしても、次に使い続けるために心配なことが出てきます。例えば、格安SIMで利用するスマートフォンやiPhoneが壊れてしまった場合です。

修理をしたい場合はどうなるの?

格安SIM事業者が販売しているスマートフォンやiPhoneを購入した場合は、端末保証などの保守サービスを契約することで、特別な修理代金で修理や端末交換といったサービスを受ける事ができます。しかし、格安SIMサービスを契約する前に利用していた携帯電話会社から購入したiPhoneやAndroidスマートフォンを、そのまま利用しようと思った場合は端末の保証がありません。

Appleが提供している保証サービス「Apple Care」は、iPhoneやiPadなどを購入後30日以内に加入する必要があり、加入すると水濡れが原因で正常動作しない場合や、誤って落としてしまい液晶ディスプレイが割れてしまった場合でも、2回までは特別価格で修理または良品交換対応を受けることができます。

このApple CareをAppleから購入した場合は良いのですが、携帯電話会社で用意されている月額オプションで契約した場合、携帯電話会社を解約してしまうとApple Careの保証サービスも解約となり、修理の際はApple Careに未加入時の修理代金がかかるようになってしまいます。

Androidスマートフォンに関しても同様で、契約中であれば携帯電話ショップへ持ち込むことで、修理受付や修理期間中の代替機の貸出サービスが用意されています。ですが携帯電話会社を解約した後に故障や破損した場合は、携帯電話ショップでは修理受付をしてもらえないため、直接メーカーに連絡をして修理相談をすることになります。

なお修理期間中の代替機貸出サービスはないので、修理に出してしまうと電話やメールなどで連絡をとることができません。そんな不安を払拭するオプションサービスを用意している格安SIM事業者がありました。

それがLINEモバイルの端末保証オプションサービスです。

不安を払拭するLINEモバイルの持込端末保証オプションとは

LINEモバイルが提供している持込端末保証オプションは、LINEモバイルを契約する時しか加入できないオプションで、LINEモバイル以外で購入したスマートフォンやiPhoneに対して、月額500円で次のような保証を受けることができます。

  • 負担する修理代金は1回目が4,000円、2回目が8,000円で、年2回まで修理可能
  • 修理代の上限は50,000円で、超過した場合は負担する修理代金に加算される

  • 修理時の貸出端末は希望者のみ
  • Androidの場合は、修理または良品交換
  • iPhoneの場合は、修理対応のみ

このオプションのすごいところは水濡れで利用しているスマートフォンが壊れてしまっても、実際にかかった修理代金が50,000円を超えない場合は、負担する修理代金のみで対応してもらえる点です。また例え落として液晶ディスプレイが割れてしまったとしても、同じように50,000円を超えなければ、負担する修理代金は4,000円または8,000円となります。

Apple Careと同じような修理サービスを提供しているので、加入しない理由はないといえるでしょう。さらに自然故障に対してもメーカーが発売してから3年間は保証対象となり、落下による破損や水濡れなどが原因で壊れてしまった場合は、このオプションを契約している期間はずっと保証対象となるのです。

でもこの持込端末保証オプションサービスには、ちょっとだけ注意しなくてはならないことがあります。

持込端末保証オプションの注意点

詳細を確認すると、とても魅力的に見えた持込端末保証オプションには、ちょっとだけ注意しなくてはならない点があります。

注意点1:持込端末保証オプションに加入できる端末が決まっている

持込端末保証オプションは、どんなスマートフォンでも保証対象となるように聞こえてしまいますが、実は決められた端末しか保証を受けることができません。

保証対象となるモデルは次の通りです。
☆ドコモ回線を契約している人
○SIMフリー端末
○ドコモが販売した端末
☆ソフトバンク回線を契約している人
○SIMフリー端末
○ソフトバンクが販売したiPhone5以降のiPhone
○ソフトバンクが2017年8月以降に販売した端末
○特定のモデル(HTC U11、DIGNO G)

注意点2:国内で販売されたメーカーの正規品であること

保証対象となるモデルですが、SIMフリースマートフォンであっても国内で販売された実績がないモデルや、海外から輸入したモデルや技適マークがないモデルなどは、持込端末保証オプションに加入することができません。

注意点3:加入した翌月からサービス適用

持込端末保証オプションは翌月からサービス適用となるため、契約した月で故障や破損があった場合は適用外となってしまいます。そのため、加入した翌月になるまでは壊さないように注意して利用しましょう。

注意点4:修理に手続きや手間がかかりすぎる

使っていたスマートフォンで故障が発生した場合、携帯電話会社のように持ち込みできる店舗がありません。LINEモバイルの場合はLINEモバイル端末保証受付センターへ連絡をすると、端末返送キットが送られてきます。

窓口に連絡する際に貸出端末を希望すると、修理期間中に利用できる端末が送られてきます。とはいえすぐに送られてくるわけではないので、数日間は連絡が取れない時間ができてしまいます。

修理や交換が終わり送り返されてくるまで、およそ2週間かかるとされています。なお修理をキャンセルした場合、キャンセル料3,000円が請求されるので本当に壊れているか、確認をしてから修理依頼するようにしましょう。

iPhoneには「iPhoneを探す」という機能があり、これを無効にしないまま送付してしまうと修理を受け付けてもらえません。修理を出す際にはちょっと注意してください。

転ばぬ先の杖!やっぱり保証オプションは加入しておこう!

LINEモバイルの持込端末保証オプションは、携帯電話会社からの乗り換えやSIMフリースマートフォンを利用してLINEモバイルを契約しようと考えている人にとっては、とっても重要なサービスといえます。

いろいろな制限があるかもしれませんが、これからLINEモバイルを利用するにあたり、今まで使いなれてきたスマートフォンやiPhoneでも、しっかり保証を受けられるサービスに加入して、LINEモバイルの良さをたっぷり堪能しちゃいましょう。。

参考資料

LINEモバイル公式サイト
 ・https://mobile.line.me/support/warranty/
 ・https://mobile.line.me/pdf/linemobile_warranty2.pdf